治療内容のご案内ページへ戻る

■治療前
下顎の残存する歯の状態が悪くなり、それに伴い義歯も顎堤にあたって歯肉が痛むということです。上顎の前歯部の顎堤はブヨブヨしていてフラビーガムの状態でした。
■治療後
下顎は保存可能と判断した左右犬歯と右第1小臼歯の3本にOPAアタッチメントを装着し、金属床のオーバーレイデンチャ?を作りました。
上顎はチタンによる金属床のフルデンチャーを作り、顎堤の固い臼歯部でしっかり咬合支持されるように注意し、リンガライズドオクルージョンとしました。
森川歯科医院
東京都大田区中央3-1-7 キャステル中央101
TEL:03-5742-4182
個人情報保護方針
Copyright (C)Morikawa Dental Clinic.All Rights Reserved.